公益社団法人 日本建築家協会 関東甲信越支部 長野地域会「JIA長野県クラブ」の公式サイトです。

日本建築家協会JIA長野県クラブ

フランス旅行

「フランス旅行」(2013.07.23) 池森 梢(萌建築設計工房)

 

3月下旬、子供が小学校を卒業する節目に、11日間にわたりフランスを旅しました。

バックパッカーで、自分たちでプランをたてての旅行でした。 建築旅行というよりは、フランスの生活を見に行く旅行でした。

 

今の旅行事情は昔と随分と変わっていてびっくりでした。 インターネットを駆使して、チケットがすべて入手できてしまう。 飛行場などはチケットの番号を持って、機械の端末に入力すれば出国、入国が会話なしでできてしまう。簡単になったといえばそうだけれど、なんとも寂しい感じもします。 けれど、海外に行こうと思えば、簡単に行けてしまう。外国は近い場所になりました。

 

フランスはきれいな町が点在していました。レンタカー利用での町めぐりだったので、田舎町を見て周ることができたのも良かったです。

その場所で揃う材料を使って町ができているので、赤い石の町、黄色い石の町といった風に、どこも統一感があります。そして、階高がどこも低いので、おとぎの国のようなかわいらしさがあります。そして、太陽光パネルは見ませんでした。原発大国だからなのでしょうか。景観はとても美しいですが、複雑な思いもします。

 

旅行前半は田舎町を巡ったので、どこに行っても豊かでゆったりとした時間が流れていて、
フランスの底力を感じていましたが、後半、都会に近づくにつれ、町並みは崩れ、人々のスピードも上がっているように感じました。フランスの失業率は10%を越え、パリでは町のあちらこちらで、路上生活者が見られました。
都会とは何なのでしょうか。
勝者と敗者が明確に分離され、混在し、のみ込まれて行く。人が本来の豊かな暮らしを営む場所ではないのでしょう。一方、集まっているからこそ、魅惑的な町になっていることも理解しています。町並みは人の生活の鏡に見えました。

 

旅行のお勧め。

ちょこっと住人がお勧めです。今回はパリでアパルトマンを借りて、マルシェで食材を買って、料理をしたりしました。自分たちだけの時間で、ゆったりとフランスを楽しみました。

 

・パリ アパルトマンからの風景

 

■日程

日本からパリへ→パリからトゥールーズへ格安飛行機easyjetにて移動→レンタカーで美しい村100選の村めぐり→ボルドーからモンサンミシェルへTGVにて→モンサンミシェルからパリへTGVにて移動→パリのアパルトマン滞在→<パリから日本へ

 

■お勧めの場所

・コルド=シュル=シエル

http://www.bonvoyage.jp/commune/Cordes-sur-Ciel/

 

・モン・サン=ミッシェル

http://www.bonvoyage.jp/commune/Le+Mont+Saint-Michel/

 

・サルラ

http://izmreise.la.coocan.jp/France/Dordogne_Lot/Sarlat/sarlat01.html
http://4travel.jp/traveler/bostonbag/album/10110189/

 

・ビオマルシェ (パリ)

http://paris-travel.amary-amary.com/c_marchebio/raspail.php

 

 

     2020/09/11  事務局ブログ, 建築家のひとりごと

前の記事
山登り
次の記事
夏のセミナー

公益社団法人 日本建築家協会 関東甲信越支部 長野地域会「JIA長野県クラブ」の公式サイトです。長野県の建築家を探すことができます。

〒380-0872 長野県長野市南長野妻科426-1 長野県建築士会館内
TEL: 026-232-3897 FAX: 026-232-5303 E-Mail: info@jia-nagano.com

copyright©2016 JIA.NAGANO all rights reseaved.

▲ページ先頭へ